紙に書いて願いを叶える時の、3つの大切なポイント

● 紙に書いて願いを叶える時の、3つの大切なポイント

隆之介です。人間には、もの凄い力があります。

良く使われる言葉で、火事場の馬鹿力と言う言葉があります。

これは、火事の時に、こりゃ大変だ!となったその家のおばあさんが、家財を入れたタンスを、担いだと言う話があったそうです。

お年寄りでも、火事場の馬鹿力で、タンスすら担いでしまう。これって、人間の潜在能力のものすごさの1つの例です。

これは例え話です。でも実際に人間には、追い詰められた時には、もの凄い力を発揮できたりします。

ただしこれは、実は普段から出してると、壊れちゃいます。

普段からずっと、火事場の馬鹿力を出す事は、無理なのです。

でも、火事場の馬鹿力ではなくても、願いは叶えられます。

もっと楽にカンタンに、人間の潜在能力を発揮する方法があるのです。

その1つが、願い事を紙に書く方法です。

この手法は、アファメーションと呼びます。

良く、新月にやると良い、と言われる願望成就の方法です。

私は、この方法をもう少し改良して、ジャンジャン、願いを叶えています。

手法は簡単です。コピー用紙とかコンビニのメモ帳を利用して、自分の願いを叶えられます。

どうやるのか?と言うとこうです。

朝起きたら、ボーっとしているうちにメモ帳とか紙に、自分の願望を書くのです。

たったこれだけ。あとはそのメモ帳とか、願望が書いてあるものを、普段から持ち歩くと効果が増します。

これ、ウソみたいな話ですが、本当に効力が絶大です。

たったこれだけで、私自身は、書いた願い事を次々に実現しています。

例えば、車が欲しい、と言う願いがあれば、紙に書きます。

すると、叶います。

例えば、何か欲しい時計があるとします。そうしたら、紙に書いて持ち歩きます。

すると、手に入ります。

例えば、住みたいところがあります。

そうしたら、具体的にその環境を紙に書きます。そして、持ち歩きます。

すると、叶います。

ちなみに写真は、昨夜のストロベリームーンです。普通に満月に見えますが(笑)

正確に言うと、紙に書くと願いが叶うのでは、ありません。

願いを叶える為に必要な条件や現象が、引き寄せられてくるのです。

そして、そのチャンスを掴みさえすれば、願望が面白いくらいに叶っていきます。

必要なのは、想像力と創造力です。

そしてなぜ、紙に書いだだけで願いが叶うのか?と言うと、3つのコツがあります。

この3つのポイントを押さえて書くと、みるみる願いが叶うのです。

ブログに書けないずごい開運法のお話は、今回のセミナーで、最強メソッドをお話しています。

めちゃくちゃ叶う!アファメーションで、恋と金運が、爆上昇します。

 

更新情報を受取る