春分の日に起きる奇跡!パワースポットが一直線に存在する、レイラインとは?

● 春分の日に起きる奇跡!パワースポットが一直線に存在する、レイラインとは?

隆之介です。

レイラインとは?

ご存知でしょうか?1年に2度、春分と秋分の日にだけ起きる、奇跡的な現象を。

パワースポットが地球上で一直線上に並ぶ、レイラインのお話です。

レイラインと言うのは、パワースポットや重要な遺跡などが1列に並ぶラインのことです。

このレイラインが発見されたのも、レイラインと言う考え方の発祥も、イギリスからなのだそうです。

でも、測量技術もなかった太古から、パワースポットなどを一直線に繋ぐ、神秘的なラインが存在していたって、物凄いことだと思いませんか?

例えば、こんなレイラインがあるのです。

春分、秋分の日にだけ起きる、黄道のレイライン

春分や秋分の日は、太陽がほぼ真東から昇り、真西に沈むと言われる日です。

今日、春分の日や、3月の春分の日に、こんな不思議な事が起こるのです。

千葉の一宮である玉前神社から始まり、寒川神社、富士山、身延山、七面山、竹生島、元伊勢神宮、そして出雲大社を繋ぐラインを太陽が真上を通るのです。

なんと、太陽の通り道に、日本の各パワースポットが連続して、存在しています。

グーグルマップから、ちょっと自分で引いてみました。

どうでしょう?スゴイですよね。

見延山、七面山などは、聞きなれない方もいるかも知れませんが、霊山として知る方も多い修験の山です。

実際にそれぞれのパワースポットのある場所を、グーグルマップで探してみて下さい。

ちゃんと、1列に並んでいますから。

古代人が仕掛けた、この神秘的なレイライン。

なぜ、大昔の日本地図もない頃から、こんな風に並んでいるのでしょうか?と、不思議になりますよね。

神様が行う事は、人間が何も気づかなくても、全てが最良な様に調整して、幸せへと導いてくれているワケですね。

レイラインは、様々な形で存在する。

さらに色々なレイラインが、各地に存在しています。

ネットで、検索しても、たくさん見つかりますよ。

例えば、こんなレイラインをご存知ですか?

なんと、五芒星(ごぼうせい)、逆向きの星形に、レイラインが存在します。

そして中央には、平安京と言う、ありえない配置です。

さらに、もっとスケールが大きいレイラインもあります。

レイラインは、世界中に存在する。

それが、これです。

ギザのピラミッドや、ナスカの地上絵を貫くレイラインがあるのです。

クフ王は、誰よりも先に、GPSを持ってたのかも知れませんね(笑)

このレイラインは前述の通り、ギザのピラミッドやナスカの地上絵、モヘンジョダロなどなど、世界のパワースポット各地を貫いています。

こちらも、グーグル・アースで確かめてもらえると、本当にそうなっていますよ。

こんな風に、不思議で神秘的なレイラインが、この世には存在しているのですね。

レイラインでパワーチャージが出来る。

春分の日、秋分の日は、太陽が日本中のパワースポットで、エネルギーチャージが出来ます。

不思議なパワースポットとレイラインの旅をしてみるのも、楽しいと思いますよ。

ブログで書けない、もっとディープな話しはメルマガでお届けします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です