悲しみ、怒り、抑えられない感情になる前に対策を取る方法

隆之介です。

このところ、青空が広がる日が続いて気持ちが良いです。

雲ひとつない空を見ると、なんだか心がスーッとしませんか?

青空による、心の浄化方法があるので、ちょっとご紹介しますね。

この方法は、快晴のお天気の時に出来る浄化方法ですからね。^^

それこそ、雲一つない空の時が最適ですが、別に雲があっても良いです。

快晴の日は、空を見ると、とてつもなく青いですよね。その青空を見てると、心ってすがすがしくなりますよね。

それで、気づいて頂きたいのは、人の心って、この青空みたいな状態が本来の気分だってことなんです。

例えば曇り空、雨、雷。心にも、お天気模様の様に、いろんな状態があると思います。

だけど、本当は、この晴れた気持ちの良い空が、本当なんです。

もし曇ってる、雨、雷…だとしたら、それはこのままにしてちゃいけないんです。

これからだって、心に雨が降る事だってあるでしょうし、曇りの日や雷の日だってあると思います。時には暴風雨になる事だってあるでしょう。

だけど、晴れた空を見れる時に、インプットしておいてください。

空を見て、気持ちが良いのが、本来の心の姿だということを。

決して、雷や雨が本来の姿ではないですよ。

晴れた状態が正常な心の状態なんです。

「この感覚が、本当の心の状態」

こう、心にインプットしておくことで、雨が降ったとき、雷が鳴ったとき、晴れた状態に戻しやすくなるんです。

本来の心の状態を、普段から感覚として、空を見た時にインプットしておくことです。

そして、雨が降った時には、出来るだけ早く、晴れにする事です。

もちろん空を見上げた時も、すがすがしくて気持ちが良いです。だけど、こうしておくと、そうでない時にも、晴れにするまでの時間が早くなるんです。

人の心は思い通りになりませんよ。だけど、晴れているのか、雨が降っているのか、どんなお天気なのかに気づいて、対策を取る事は出来ます。

雨の時の傘や、雷の時の雨戸が、晴れた時にインプットしておいた青い空なんですよね。

それではまた、反響あれば、こういう話も書きますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です