相談者の霊を取ってあげたら、自分のエネルギーが減ったはなし

相談者の人を助けたら、エネルギーが減ったという人のはなし

隆之介です。

カウンセラーやヒーラー、占い師や霊媒師とかの人で、たまに、こんな事を言う人がいます。

「昨日、たくさん霊が憑いた人が来て、その人の事を助けてあげたら、自分のエネルギーが減った」。

これ、変だと思いませんか?

「相談に来た人を助けたら不幸になった」

こう言ってるんですよね?

人を助けたら、幸せになるんです。

違いますか?

街中で、重い荷物を持っているお年寄りがいて、荷物を持つのを手伝ったら、元気になれるんです。

道を聞かれて、教えてあげたり、親切にしたり、連れて行ってあげたりしたら、気持ちが清々しくて幸せになるんです。

もし、相談に来た人を助けたのに、エネルギーが減ったのだとしたら、それって相手も助かってないですから。

そもそも、最初に何か間違いがあったはずなんですよね。

カウンセラー、ヒーラーや占い師さんが、エネルギーが減らず、人助けをする方法も、基本は全部同じです。

ここで話してる事をやれば良いだけです。

http://ryunoske.jp/2015/10/25/%e3%80%8c%e5%8d%a0%e3%81%84%e3%81%a8%e8%a8%80%e9%9c%8a%e3%81%a7%e3%83%84%e3%82%a4%e3%81%a6%e3%82%8b%e4%ba%ba%e7%94%9f%e3%82%92%e5%bc%95%e3%81%8d%e5%af%84%e3%81%9b%e3%82%8b%e6%96%b9%e6%b3%95%e3%80%8d/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です